スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリー・ポッターと謎のプリンス
メーカー名:エレクトロニック・アーツ

発売日:2009年7月16日

メーカー希望小売価格:4,980円(税込)
ジャンル:魔法アクション/アドベンチャー
プレイ人数:1人

>>> 公式ホームページはこちら

ハリー・ポッターシリーズ第6作目の映画を題材としたゲーム「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が、ニンテンドーDSで登場!

今作でヴォルデモート卿は魔法の世界だけでなく、マグルの世界にも現れるようになり、もはやホグワーツは安全な場所でなくなりつつあります。ハリーは校内の「悪」を警戒し、ダンブルドアは最後の戦いが近づいていることを感じていました。ヴォルデモート卿の弱点を探そうと、ダンブルドアは古き友人ホラス・スラグホーンをホグワーツへ招きます。どこで誰が何をするか分からない場所と化した今年のホグワーツは今まで以上に友情が試されます。
ドラマチックなストーリーラインでオープニングからエンディングまでハリー・ポッターの世界を体験することができます。
タッチペン=魔法の杖を操り、呪文を唱えて、映画のスリリングな瞬間を体験しましょう。

特徴
もしも魔法使いになれるならやっぱり「ハリー・ポッター」
いまや世界一有名な魔法使いと言っても過言ではない、「ハリー・ポッター」になってスリリングな冒険を楽しく体験!タッチペンを魔法の杖に、呪文を唱えた瞬間から魔法使いになれるのです!

マジカル・アクションならやっぱり「ハリー・ポッター」
誰でも簡単に楽しめてプレイヤーを飽きさせない変化に富んだ数々のアクションはすべて「ハリー・ポッター」の世界から生まれました。クィディッチ/爆発ゲーム/魔法使いのスキトルズ/ゴブストーンなど、たくさんのミニゲームでホグワーツの生徒になった気分を存分に味わえます。

魔法の世界を体験するならやっぱり「ハリー・ポッター」
本物以上に本物の世界観がゲームの中に表現されました。クィディッチコート、森、ハグリットの小屋、ダンブルドアの部屋、天文台の塔などホグワーツの校内を完全再現しています。ワーナー・ブラザーズの協力のもと、昨年よりパワーアップして細かい表現にもこだわった本作を隅々までプレイしてお気に入りのシーンを探してみるのも本作の醍醐味です。

初心者も安心の分かりやすさと感覚的なアクションプレイ
プレイ開始から時間をかけずに本作の楽しさが分かるような工夫がされたチュートリアルとタッチペンでおこなう簡単で感覚的な操作で、ゲームに慣れていないキッズや女性も安心してお楽しみいただけます。

今年のハリーは悪い魔法使いとの戦いから友情、そして恋…ドラマチックな展開
シリーズ6作目の本作では、ハリー達は16歳になりました。立派な魔法使いを目指して、魔法の勉強もがんばりますが、恋にも心を奪われる年頃。迫りくる強大な悪との戦いへの準備や、ロマンスに浮き立つ校内の様子、仲間たちとの固い友情が描かれた映画と同じドラマチックな展開を、いつでも何度でも体験していただけます。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dsu2.blog113.fc2.com/tb.php/1379-c79a81fe


ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。